書評一覧

土屋賢二著『われ笑う、ゆえにわれあり』 どうすれば人気教授になれるかを述べる

10ビュー

土屋賢二氏によるエッセイ 『われ笑う、ゆえにわれあり』。このような親父ギャグ風のタイトルを付けて許されるのは、大学で哲学を教えている筆者ぐらいなのではないでしょうか。

『サピエンス全史』最終章「超ホモ・サピエンスの時代へ」は有象無象

120ビュー

ユヴァル・ノア・ハラリ最終章『超ホモ・サピエンスの時代へ』で人類の未来について語られており、SFとしても読めるアイデアが凝縮されています。

運は4種類 コントロールできる運、できない運がある

50ビュー

こんな半歩先読みが難しい不確実の時代。本日は2020年1月に発売された杉浦正和著『幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人生の運び方 』という本をご紹介します。

ナイジェリアの小説家エイモス・チュツオーラの『やし酒飲み』

40ビュー

小説家の保坂和志さんが著書『書きあぐねている人のための小説入門』のなかで紹介していた本。ナイジェリアの小説家エイモス・チュツオーラ(一九二〇〜)の『やし酒飲み』

ここならココナッツ?!雑貨を買って生産者応援、寄付つきフェアトレード商品

60ビュー

フィリピンの貧困問題に取り組むアクセスという非政府組織(NGO)団体から「寄付つきフェアトレード商品セットを販売します!」という案内のメールが届きました。

【レポート】呑川の会・第1回講座「呑川の概要と源流支流」馬込、内川の源流を探る

60ビュー

東京都大田区を流れる二級河川、呑川。「郷土の川・知ろう・学ぼう・呑川を!」と題して、呑川学ぶ教養講座が第1回講座が9月21日、都内の区立図書館を会場に開かれていました。

人を変えることはできないが、人は変わるべき時にその人自身によって変わる

50ビュー

愛読するブログ『50代からの貧乏ながら気楽な人生』の「親族の飲み会でまたやらかした最低男」の感想を書いてみました。

ざわつく気持ちを静める100のヒント『小さなことにくよくよするな』

50ビュー

アメリカの心理療法士リチャード・カールソンは『小さなことにくよくよするな』で乱れた気持ちを鎮めてくれるようなヒントを100項目記している。一項目は1000文字程度。難しい言葉は使っていないので、すーっと頭のなかに入ってくる。

徐航明『中華料理進化論』ジェフ・ベックと焼きそばどちらもフュージョン

20ビュー

ジェフ・ベックがやろうとしてたことは、音楽の焼きそばだったのだ。音楽のダイバーシティーだったのである。フュージョンとは「ボーカルなしの退屈なインストゥルメンタル」と捉えるよりも、融合(フューズ)させた音楽と捉えるべきだった。

Kindle版「まんがで読破」シリーズ【10タイトルが10円!】

50ビュー

大人の教養として必要な古典ばかり。すべて購入すると100円です。

『ポケット般若心経 (中経の文庫)』仏典解説は目からうろこが落ちるのか?

50ビュー

『ポケット般若心経 (中経の文庫)』は、マインドフルネスのエッセイとして読むのが最適だと感じました。

【『世界の名著』モンテーニュ「エセー」】含蓄のある言葉に触れたくて

100ビュー

モンテーニュは16世紀にフランスで活躍したモラリストです。含蓄があり、洞察力に満ちた彼の著作は現代フランスでも「知識人の教養書」として読み継がれているそうです。

【書評】『この一冊で「ことわざ」「慣用句」「四字熟語」が面白いほど身につく!』

90ビュー

目の当たりには、何と読む? あなたはわかりますか。投げっぱなし、言いっぱなし。赤っ恥を筆者と共に味わうスリル満点の464円。

手塚治虫の伝説の名作『新宝島 』を電子書籍で読む。おすすめ点と注意点。

140ビュー

70年前に描かれた手塚治虫の初長編作『新宝島 』。電子書籍版は、発行元によっていくつか違いがあるので、注意が必要です。

アダルトコンテンツ?!Google AdSenseポリシー違反警告の失敗談

270ビュー

ブログ運営すると、Google AdSenseはモチベーション維持に貢献してくれます。記事の価値を生みだすのですから。この大切なGoogleAdSenseをめぐる、私の失敗を書いてみます。

【東浩紀・ 観光客の哲学を読む】個人の悪趣味もダークツーリズムになりうるか?

160ビュー

東浩紀さんの新著は話題の問題作『ゲンロン0 観光客の哲学』で、戦争や災害など「悲劇の地」を観光の対象とする「ダークツーリズム」というアイデアを紹介しています。

ルールをつかんで哲学で遊ぶ『大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる』

310ビュー

ざっくりと哲学の世界を鳥瞰(ちょうかん)できます。哲学を勉強してみたい方で最初に手にとってみる本としてオススメです。

米ユナイテッド航空「強制引きずり下ろし」の衝撃!でも実は良い会社?!

200ビュー

ユナイテッド航空こそが安心できる航空会社という説もあります。

基本書『池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 』

50ビュー

有名な人、高名な人を自分の師匠にしたい!そんなとき、本が役立ちます。

書評【千葉雅也さん『勉強の哲学』】「来たるべきバカ」には沈黙しなくてはならないか?

900ビュー

若き哲学者が提案するラディカル・ラーニングはで、私は「来たるべきバカ」になれるでしょうか?