Ponta・楽天・Amazonポイント 1年間の獲得数を合計してみたら

40ビュー

(写真=PhotoAC)

2021年の1年間でどれだけのポイントを獲得できたのか公開します。 ためているポイントは楽天ポイント、au PAYでたまるpontaポイント、マクロミルのアンケートに回答して謝礼ポイントをAmazonギフトカードに交換して獲得するAmazonポイントです。

楽天カードのポイント、ポイ活で貯まった2020年1月分
今日の記事は2020年1月分、楽天カードで貯まったポイント活動についてです。
【マクロミル、楽天アプリ】ぽちぽちクリックして毎月2000円分のポイントを獲得
サラスワティは暇人ね、と思われそうですが、マクロミル、楽天アプリでポイント獲得に費やす時間は毎日30分程度です。それもまとまった時間ではなく、昼休み、移動中など隙間時間を効率的に活用しています。

前回の更新から3か月以上たち、もう2022年1月も終わりそうです。私はこのブログで書いたことがありますが、こつこつとポイントをためています。

楽天ポイントのため方

楽天のクレジットカードで支払いをするとたまるスピードが速いですが、私は固定費、ECサイトでの買い物のみをクレジットカード払いにしています。 楽天ポイントカードを店員に見せてバーコードをスキャンしてもらうだけで楽天ポイントを獲得できるお店がたくさんあります。 買い物以外では、楽天Point ClubとPoint Screenで広告をクリックするだけ、楽天ポイントモールで動画を視聴するだけでポイントを獲得できます。 キャンペーンにエントリーして忘れたころにポイントが加算されることもよくあります。

au PAYのPontaポイントのため方

au PAYはプリペイドカードなのでその場で決済が終わる手軽さが気に入っています。スーパー、ドラッグストア、外食などの少額の買い物はau PAYで払っています。すぐにポイントが加算されず、一週間から10日後に加算されます。

Amazonポイントのため方

2010年からマクロミルというアンケート調査会社のモニター登録をしています。私が登録した頃は、アンケートの謝礼は銀行振り込みのみでしたが、今はAmazonギフト券をはじめ謝礼が増えました。私はAmazonポイントに交換しています。

1年間で獲得できたポイント数は

楽天ポイント:38,651ポイント(38,651円相当)
Pontaポイント:約11,000ポイント(11,000円相当)過去半年間しか確認できないため、概算です。日々の買い物で毎月100~300ポイントを獲得していますが、iPhone買い替えで7,700ポイント、ドラッグストアの買い物キャンペーンで1,000ポイント以上付保されました。
Amazonポイント:11,000ポイント(11,000円相当)
合計:60,651ポイント(60,651円相当)のポイントを獲得できました。

ポイントの使い道

楽天ポイントは楽天市場やラクマ(楽天のフリマアプリ)での買い物の一部に充当、楽天カードの支払金額の一部をポイントで支払いできるので端数の支払いに使います。

楽天ポイントの「ポイント運用」という投資信託の基準価額の値動きを反映することで増減するサービスにポイントを追加することもあります。今まで4,000ポイントを投入し、4,549ポイントまで増えました。

Pontaポイントは100ポイントからau PAYに100円分チャージできます。チャージして買い物に使います。AmazonポイントはそのままAmazonでの買い物に使います。

ポイントをためて大きい買い物をするときに使う方法もありますが、ポイントには有効期限があります。特に楽天ポイントは期間限定ポイントが多いため、マメに使います。

会社員の私のお給料は毎月ほぼ一定金額です。5,000円のお給料を増やすことはできませんが、ポイントを活用すればお小遣いをいただくような気分です。