3か月で5キロの減量に成功

30ビュー


昨年2月から始まった新型コロナウイルスの流行により家で過ごす時間が増えました。「コロナ太り」という言葉を聞く機会も増えました。通勤を含む外出が減ったことによる運動不足、食べ過ぎ、飲みすぎなどいろんな原因があると思います。

私も太りました。昨年の健康診断で悪玉コレステロールの高さを指摘されました。かかりつけ医に相談しました。女性は更年期にさしかかると太って血圧が上がる人が多く、私もそのパターンのようです。5キロ以上の減量を決意、普段の生活を見直し、3か月で5キロの減量に成功しました。今では体がとても軽く、諦めていた服が着られるようになりました。減量開始からちょうど3か月経過したので、記録を残すことにしました。

1.防風通聖散

防風通聖散はダイエットではとても有名な漢方薬ですね。臨床試験で内臓脂肪を減らす結果が確認されている、古くからある漢方薬です。食事に含まれる脂質の吸収を抑制し、脂質を便と一緒に出す働きがあるそうです。私には効果がありました。飲み始めて2か月で体重が減り始めました。

(イメージ:Amazon

2. 間食

コンビニで売っている小さいチーズケーキ、生協のバタークッキーが好きです。小さいので手軽に食べてしまいます。仕事から帰宅して一息つきながら食べるのが楽しみでしたが、思い切ってやめました。今では低糖質のクッキー、栄養補助食品、ナツメくるみなどを食べています。夫が作ってくれる野菜たっぷりの生春巻きも満足感があります。

3.短時間の軽い運動

自力整体、ヨガ、練功十八法などで毎日短時間、体を動かします。以前は週末に自力整体教室に通っていましたが、今は自宅で続けています。長時間座っていると腰が痛くなる時があり、自力整体の輪っかタオルで骨盤を刺激するととても気持ちいいです。

「練功十八法」とは中国の上海で生まれた簡単な体操です。20年以上前、スポーツクラブで習いました。

4.体重記録

毎朝体重を測ります。最近はスマホと連動して記録できる体重計もありますが、私の体重計は普通のデジタル表示体重計です。毎朝メモしてエクセルに入力しています。

5.炭水化物を減らす

私の食習慣は、朝食はヨーグルト、フルーツなど軽め、昼食はお弁当、夕食はご飯以外にサラダ、漬物、酢の物、煮物、冷奴、汁物などを食べています。

私はお米が大好きですが、夕飯にお米を食べる量を減らしました。実家の既往症を調べると、高血圧と糖尿病にかかった人がいました。炭水化物を摂りすぎ注意と、野菜から食べると糖質の吸収が遅くなるからお勧めとある方からアドバイスされました。簡単な方法なので続けています。何事も難しくて面倒くさいと続きませんね。食べる順番を変えるだけなら簡単です。

6.飲酒

私は週末に低アルコール飲料を飲む習慣がありました。ある日の週末、体調が悪くてアルコールを飲む気分ではなく、そのまま飲酒をやめ、今では全く飲みたいと思わなくなりました。

私は昔から痩せ型体型でした。この数年で太りましたがBMIは常に標準範囲内でした。それでも体が重かったです。今のところ順調に減量できましたが、目標体重までリバウンドしないように気を付けて過ごします。また3か月後に報告しますね。