老舗バッグメーカーが作った布マスクを使ってみたレポート

120ビュー

筆者が洗濯して干している「30回洗える70億人のマスク」(写真:MoxsonJournal)

無類のバッグ好きである筆者が、ひいきの老舗バッグメーカーなどが作った布マスクを試した。

新型コロナウイルスが流行し始めてからマスクを着ける人が日に日に増え、街から不織布マスクが消え、私はポリウレタンマスクを着け始めました。季節は冬から春、そして今日、6月21日日曜日は夏至でした。ポリウレタンマスクは暑く感じ始めた頃、さまざまなメーカーから布マスクが販売されました。

ヤマト屋

4月のある日、東京都台東区にある老舗バッグメーカーヤマト屋のLINEで「Wトリコットアウターマスク」(リンク先はメーカーのサイト)入荷のお知らせ案内が届きました。私の大好きなヤマト屋がマスクを作り始めたなんて!

母に「ヤマト屋のマスク欲しい?」と聞いたら二つ返事で「欲しい!」とすぐに返事がきました。

老舗のバッグメーカー、ヤマト屋から届いたマスク(写真:MoxsonJournal)

母の分、私の分を早速注文すると一週間くらいで届きました。柔らかい2枚仕立ての布です。裏表どちらでも使えます。柔らかいワイヤが入っているので鼻の形に変えられます。耳の部分は調整できます。

マスクをすると日焼け止め、化粧などが少しついてしまいますが、手洗いで簡単に汚れが落ちます。型崩れせず、乾くのも早く、重宝しています。

1枚1760円(税込み)なのでマスクにしては高額ですが、マスクは顔の一部。気に入ったマスクをお手入れしながら使い続けられるので満足しています。母もとても気に入ってくれました。友人たちにも好評だそうです。

つい最近、ヤマト屋では夏用のマスクの予約販売を始めました。今までのマスクと違い、少し幅が狭いです。頰が出るので暑苦しさを感じないかもしれません。私は買うか決めていませんが、人気ランキングを見ると今の時点で予約がたくさん入っている様子です。

30回洗える70億人のマスク

他メーカーの布マスクも愛用中です。次にご紹介する布マスクは会員制交流サイト(SNS)の広告で見つけた「30回洗える70億人のマスク」(リンク先はメーカーのサイト)。

マスクを洗うのに慣れましたが、何回洗えるのか疑問に思うことがあります。「30回洗える」とわかりやすい商品名が気に入りました。公式サイトから注文すると翌日に発送、発送の翌日にはポストに投函(とうかん)されました。早速使い始めました。ヤマト屋のマスクと同じく、顔がしっかり覆われるので安心感があります。

SNSの広告で見つけた「30回洗える70億人のマスク」(写真:MoxsonJournal)

ポリウレタンマスクと違い蒸し暑く感じません。サイズ、質感、とても気に入りました。手洗いする日もありますが、洗濯機で洗う日もあります。しっかりした布地なので洗っても縮まず、型崩れしません。3枚で90日分なので6枚あれば180日分です。これで年末までマスクを買わないで済みそうです。

新しい生活様式が始まり、荷物が少し増えました。マスク、マスクスプレー、除菌シート、手指消毒ジェル。私はマスクを落としたり忘れた時のために予備のマスクも持ち歩きます。
飲食時にマスクを外したらどこに置けばいいのでしょうか?

私はヤマト屋のマスクを購入した時に一緒に届いたポーチを、マスクの一時保管用に使っています。マスクスプレーも一緒に入れています。マスクスプレーの効果は気休めかもしれませんが……ヤマト屋のポーチは洗濯できるのでいつでも清潔に使えます。