新型コロナウイルス騒動、消えた生活必需品とわが家の影響

190ビュー

こんにちはサラスワティーです。2020年1月24日の春節ごろから、日本でも始まった新型コロナウイルス騒動。ドラッグストアやコンビニなどの店舗から、マスクやトイレットペーパーなどが消えてしまいました。わが家にも少しずつ影響が表れています。消えた生活必需品、無くなったら困る物などを備忘録代わりに書いてみます。

健康管理、衛生観念、消耗品の在庫管理など今までの生活を見直すきっかけにするつもりです。

トイレットペーパーと箱なしティッシュ

わが家の食材や日用品はほとんどをパルシステム(生協)で調達しています。スーパー、ドラッグストアで買うよりも少し高く、届くのは翌々週ですが、ほぼ確実に届くのでとても助かります。幸い、わが家の備えは十分あります。しかし、今は同生協でも注文数量制限と抽選が始まりました。トイレットペーパーなどの紙類、除菌関連商品を注文する組合員が増えたからのようです。

【数量制限・欠品など】お届け商品に関するお知らせ | お知らせ | 生協の宅配パルシステム
■5月4回企画からの欠品商品の選定方法について(PDF)■5月4回企画から「欠品」のお知らせを「お届け1週間前」に早めます■欠品商品のご確認方法についていつもパ...

同生協のトイレットペーパーは組合員から回収した牛乳パックなどの再生紙100%です。再生紙のものはちぎれやすく、ゴワゴワした手触りが多いですが、これは柔らかく良い使い心地です。紙の芯がないのでゴミも出ません。私がよく注文しているのは1ロール65メートルで、長いのでなかなか使い終わらず、取り換える回数も少なく済みます。少し幅が狭いので落ちやすいですが慣れれば落とさなくなります。

箱なしティッシュも少し幅が狭いですが、使用に差し支えありません。この記事に書きました。

生活感ありすぎ!ボックスティッシュが嫌いな理由
好みのボックスティッシュとの出会いにも忍耐が必要です。

マスク

私は花粉症やハウスダストアレルギーがあるのでマスクは必需品で、年中持ち歩いています。1月中旬に買っておいた花粉症用マスクが3月になった今も残っています。毎日使い捨てるとすぐになくなってしまいそうなので、「洗えるタイプ」のマスクも活用しています。

置き場所に困らないマスクポーチ

食事中にマスクを外すと、置き場所に困りませんか? 私はメルカリでマスクポーチを買いました。外側にポケットが付いているので、食事中など外すときはこの中に入れています。

義弟夫婦からの心遣い

新型コロナウイルスがニュースで流れるようになったころ、仙台に住む義弟夫婦が「都内はマスクが手に入りにくいでしょうから、こちらで確保できた分だけ送ります」と大量のマスクと除菌シートを送ってくれました。お店から在庫が消え始めたころです。この心遣いがとても嬉しくて、ありがたくて、大感激しました。

除菌シート

ドラッグストアなどのお店からは除菌シートも消えました。わが家では夫が詰め替え用を常備しています。これでテーブル、ドアノブなどあちこち拭き掃除しています。もちろんスマホを拭くのにも使っています。会社に持って行って自分の机、電話などを拭くのにも役立っています。

手洗い用の石けん、使い捨てペーパータオル

手洗い用の石けんはポンプ式のソープを使っています。買う場所は同生協、Amazonなどいろいろですが、量が半分になったら買うので今のところまだまだあります。使い捨てペーパータオルは在庫が最低でも5個ないと不安になってしまうので、ドラッグストアなどで時々買います。わが家の備えはまだあります。

乾電池

同生協で数量制限、抽選、量目変更になる商品の中に乾電池があります。夫は単一から単三、ボタン電池など様々な乾電池をそろえ、専用の箱まであります。電動歯ブラシ、目覚まし時計、掛け時計などが動かなくなったときに備えて買っているようです。私は乾電池は必要なときだけ買えばいいと思い、乾電池の常備は考えたことがありませんでした。身の回りの持ち物には乾電池で動くものがたくさんあります。外出できない、しにくいときのために多めに備えておくといいと思います。

◇ ◇ ◇

いつまで影響が続くかわからない不安があり、デマも多く飛び交っています。私の勤務先でも影響が出てきました。国内外の取引先は輪番勤務、在宅勤務が増え、音声通話アプリ、チャットで連絡を取り合っています。ニュースを聞けば外食、宴会のキャンセル続出、イベントも中止、延期、不要不急の外出は自粛、消耗品の買いだめなど、暗い話題ばかり。

世間ではスピリチュアルな変なメッセージも多く目にします。デマに惑わされず、必ず一次情報の厚生労働省の情報などを活用し、確認したいと思っています。

新型コロナウイルス感染症について