【ヤルガッチャフェ】「コーヒーかす」で炊き込みご飯を作ってみた

210ビュー

コーヒーかすの炊き込みご飯(Photo by kimukuni)

驚きました。

「コーヒーかす」で炊き込みご飯が作れるのです。カーテンのデザインと、コーヒー豆を扱っていらっしゃる秦美穂子様から教えていただきました。

BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成
ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。

まだ半信半疑です。論より証拠と言いますから、まず実際に挑戦してみることにしました。使ったコーヒー豆は秦さんから購入した「ヤルガッチャフェ」です[1]

ヤルガッチャフェ

シダモ地方ヤルガッチャフェ村の自然林でとれた豆なのだそうです。フレッシュな薬効あふれる極上品。ナチュラルコーヒーですので、炊き込みご飯に入れても安心ですね。

朝。いつものようにコーヒーを淹れました。ドリッパーには「コーヒーかす」が残っています。秦さんによりますと、お米1合につきコーヒースプーンひとさじが目安なのだそうです。

配分を守って、お米と一緒に炊いてみました。豆は中挽き(カリタナイスカットミルでメモリが「4」)です。

炊き上がり。茶色いお赤飯みたい。驚いたことに、コーヒーの香りがしません。

さっそく、一口食べてみます。コリコリと面白い歯ごたえがしました。ビターな味が時おり広がります。滋味のある薬味になっていました。以前に挑戦した「コーヒー豆入りのグラノーラ」よりも食べやすかったです。

【コーヒー豆を食べてみた】ドトールのコーヒー豆入りグラノーラ
ドトールの「コーヒー香るグラノーラ」の驚くべき特徴は、香料による香りづけでなく、焙煎した本物のコーヒー豆が入っていることです。

この炊き込みご飯はおかずに合うのでしょうか。まず、目の前に転がっていました「牡蠣の水煮」の缶詰めで食べてみます。

「牡蠣の水煮」とコーヒーかすの炊き込みご飯

ほんのり渋みのあるご飯に、魚介類はよくあいます。和食に問題はないようでした。2膳目、おかわりをいきます。次は、目玉焼きと一緒に食べてみました。

「目玉焼き」とコーヒーかすの炊き込みご飯

コーヒー豆由来の渋みが、卵の甘みを引き立てます。これも問題なし。もりもりといただきました。

ただし、少々気になることもありました。夕飯に食べますと、カフェインで、夜に眠れなくなる人もいるのでは。心配な方は朝ご飯でお試しになった方が無難です。

以上、大人の食べ物。「コーヒーかすの炊き込みご飯」でした。秦美穂子さんのサイトもぜひ参考にしてみてくださいませ。

BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成
ネットショップ作成が30秒で。しかも無料。ネットショップをつくるのに、もう「勉強」と「お金」は必要ありません。今までECサイトを作りたくても時間・お金・技術さまざまな理由で始められなかった、そんな全ての方の悩みを解消するサービスです。


【脚注】