アロモアが壊れて、無印良品のアロマディフューザーの魅力を再発見

1,200ビュー

無印良品「超音波アロマディフューザー」とアロモアのエッセンシャルオイル(撮影:筆者)

使いはじめて2年目の今年。エッセンシャルオイルディフューザーの「アロモア」が、とうとう壊れてしまいました。

【 aromore(アロモア) 】評判のエッセンシャルディフューザーを使ってみた
前回は無印良品の大きい方のアロマディフューザーを私の不注意で壊してしまったというところで話が終わりましたが、とうとう「アロモア[aromore]」というエッセンシャルオイルディフューザーを買いました。

1日12時間以上は、霧状のアロマオイルを噴射させて、常に好みの香りを楽しんでいました。

まず朝、起きたらすぐにスイッチをオンにします。そのまま出勤。タイマーを設定していなくても、8時間後に自動で止まってくれます。仕事から帰ってきますと、部屋には残り香が漂っています。再びスイッチをオンにします。それからは寝るまでつけっぱなし。

稼働中は「ジー」という小さな音がします。離れた場所でも聞こえますが、あまり気になりません。噴霧モードには強弱があります。どちらも使っていました。強モードは20秒稼働、40秒休止。弱モードは10秒稼働、50秒休止します。 

さて、4月の終わり頃の出来事です。隣の部屋から異音が聞こえくるではありませんか。アロモアの「ジー」という稼働音がいつもよりずっと大きいのです。不思議に思って、電源を抜いてみたり、スイッチのオンオフをしてみたりしました。何度か繰り返しましたが、音は大きいままです。アロモアは近くで見ますと、細かい霧状のオイルが噴射しています。ところが噴射していませんし、オイルの量も減っていません

夫に相談したら、何を思ったのか噴射ノズルを出して、アロモアをひっくり返して分解し始めました。

(撮影:筆者)

どうやらモーターが壊れている様子です。脚の部分が粉々に壊れていることもわかりました。

(撮影:筆者)

保証期間はとっくに過ぎています。もう保証内の修理はできません。ノズル、瓶、詰め替え用オイルを買ったばかりでした。もったいないです。新しいアロモアを買い替えることばかり考えていました。ところが、8000円以上もします。私にとって気軽に買える金額ではありません。困りました。

好きな香りを楽しむ生活に慣れていますので、香りがない生活は考えられません。でも世間はゴールデンウィークに突入し、今注文しても届くのは連休明けになりそうです。

そこで思い出しました。無印良品で買った「超音波アロマディフューザー」です。長い間、使わずに眠らせていました。

このアロマディフューザーは加湿器を兼ねています。久しぶりに水を入れて、アロモア用のエッセンシャルオイル「レモングラス」を数滴垂らしました、スイッチオン。

「フワー」と音をさせて静かに動きだしました。ミスト状の水とエッセンシャルオイルを吹き出しています。アロモアの「ジー」という稼働音に慣れていた耳には、柔らかい音に聞こえました。水滴にすっかり癒やされました。香りの強弱はエッセンシャルオイルの量で変えます。

無印良品のアロマディフューザーは最長3時間まで使えます。朝起きたら水とエッセンシャルオイルを入れて香らせ、そのまま仕事に行きます。仕事から帰ってきたら、朝と同じく水とエッセンシャルオイルを入れて香らせます。エアコンや除湿で乾燥している部屋には、加湿器として最適でした。香りも楽しめる、素晴らしいアイテムだと気づいたのです。

この無印良品のアロマディフューザーもいずれ壊れることでしょう。次に何を買うかは、まだ決めていません。気になっているのは「アロモアミニ[aromore-mini]」や

木目調の「アロモアウッド[aromore-wood]」です。しかし、専用の瓶とノズルが必要です。

無印良品の売り場で見つけた「ポータブルアロマディフューザー」も気になります。いまのところ、無印良品のアロマディフューザーの方が魅力的に思えました。欲しいとき、壊れたときにすぐに購入できるからです。アロマディフューザーは私にとっての必需品ですから。

PR