怖い!サンタクロースがマンションの壁づたいに窓から侵入

230ビュー
建物の屋上から人がぶら下がっている!

建物の屋上から人がぶら下がっている!

23日の日中にサンタがいた

三連休初日の2016年12月23日。夫婦で東京某所を散歩をしていると、妻が突然、驚いて声を上げた。そして、目の前のマンションを指さしました。

赤い服を着た人物が、屋上からハシゴをおろし、5階付近でぶら下がっていました。

赤い服を着てさえいれば、よそのお宅に侵入しても大目に見てもらえるとでも思っているのでしょうか!

赤い服を着てさえいれば、よそのお宅に侵入しても大目に見てもらえるとでも思っているのでしょうか。

一瞬ぎょっとしたものの、よく見ればでっかい人形でした。

サンタの屈折した姿は、どこか物寂しい

サンタの屈折した姿は、どこか物寂しい

泥棒や強盗と見分けがつかないサンタの背中からは、苦悩を感じさせます。

ガスと電気が行き届いた都市生活では、暖炉と煙突のある家を、めったに見かけません。煙突があったとしても、よそのお家に忍び込んでよいわけありません。警察は容赦してくれないでしょう。

イエスの誕生日は 3世はじめまで、1月6日だったり、5月20日だったりとまちまちでした[1]。12月25日になったのは、4世紀になってからで、古代ペルシャの宗教ミトラ教の冬至節から転化したという説があります。

サンタもクリスマスも、雪だるま式に伝説が付け加ってできたと言えそうです。

クリスマスの二日前にマンションの壁にしがみつき、窓から侵入しようとする教父ニコラオス(サンタ)も、新しいレジェンドとなるでしょう。そういえば、近年、クリスマスが近くになると、壁にハシゴをかけたサンタ人形を数多く見かけるようになりました。煙突がないので、現代のサンタは窓から侵入せざるを得ないのです。

私たちは、常に時代の目撃者。クリスマスは、困難な仕事をやり遂げたサンタクロースの仕事をねぎう日。ねずみこぞうサンタの仕事をお祝いしましょう。

クリスマスは変わる、進化する物語。

クリスマスは進化する物語。


【脚注】

  1. 『哲学事典』平凡社、1971年 p.378