【使い始めて1年以上】LOGICOOL M570t、二回目の分解掃除。現在も快調。

2,270ビュー

M570 分解清掃

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tを、一年以上、愛用しています。時期によって型番に「t」の有無があります。私が使っているのはtが付く方です。

ワイヤレストラックボール式のマウスの良いところは、限られたデスクスペースを有効活用できることです。操作にコツが必要ですが、一週間もすれば慣れてきます。

使っていると、調子が悪くなってきます。今回の不調も原因が分からなかったので、分解掃除をしてみることにしました。なお、分解すると、メーカーの保証が受けられなくなりますのでご注意ください。ちなみに、分解しなくてもお掃除はできます。下の記事もあわせてご参考くださいね。

関連ページ:【M570t】の掃除。道具いらずで超かんたん・メンテナンスの方法

下の写真は今回、お掃除で使った道具です。

M570 分解清掃

  • ルクスドライバーのT6
  • ピンセット
  • 両面テープ
  • ウェットティッシュ
  • ブロアーブラシ
  • はさみ

ルクスドライバーのT6を使って、ネジを外します。通常のドライバーとは異なります。

SODIAL(R)4pcs滑り止めハンドルT5 T6 T7 T8トルクス磁気ドライバーセット

ネジが隠れている場所は、5箇所です。(どうして隠しているのでしょう?)

M570 分解清掃

ブロアーブラシで、ホコリを吹き飛ばします。

28390-PC090040

トラックボールの上フタには、センサーなどが収まっています。清掃前は、ホコリが溜まってグロ画像レベルでした。

今回はウェットティッシュを使いましたけれど、綿棒や乾いたティッシュの方がより安全かもしれません。

28390-PC090021

M570の分解清掃は、元に戻す方が大変です。上ぶたのコードを繋ぎ直すのが、一番の難所

28390-02

二枚貝の中を覗くように、ピンセットを使って繋ぎます。

28390-01

コードも無事に繋ぎ直し、ネジを戻したところ。ゴム足は、両面テープを使って貼り直しました。

28390-PC090021

お掃除が完了。

28390-PC090076

トラックボールのマウスには、とても満足しています。ただ、分解しなくてはメンテナスできないのは、少々大変です。よりユーザ寄りの設計が望まれるところです。

【あわせて読みたいオススメ記事】 Apple Magic Mouse 対 ワイヤレストラックボール M570t 対 600円の定番マウス – Moxson Journal – スクスク育つ大人のブログ

PR