【その1】「iPhoneを探す」が“オン” パソコンのブラウザでオフする試み!

3,113ビュー

150107 1

iPhoneに不具合があるとき、「iPhoneを探す」が“オン”のままでは、様々な不都合が生じます。Appleでは修理を受け付けてくれません。iPhoneを元気にするための、オールリセットや「復元」も試せない。電話も仕えないし、修理もできないでは困ってしまいますよね……。Appleが示す手順通りに試してみた。

iPhoneを探すが“オン”のとき

復元はできない

「復元」のボタンを押すと、こんな感じのポップアップがでてきます。 Monosnap 01 0722 35 26

バックアップはできる

ただし、バックアップはできました。修理から戻ってきたiPhone用に、念のためバックアップを取っておきましょう。

a551583982b07eedfc2db5c183e27a6a-2

www.iCloud.comから、iPhoneを探すをオフにする

Appleのナレッジベース「iCloud: 「iPhoneを探す」からデバイスを削除する」という記事を参考にしてみます。 ICloud iPhoneを探す 01 0722 51 32

iPhoneの電源を落とすと、パソコン上に見えているiPhoneのアイコンが暗くなりました。

ICloud iPhoneを探す 01 0722 51 32

「アカウントから削除」をクリックをするものの……

「アカウントから削除」が表示されない場合は、もう一度「すべてのデバイス」をクリックし、デバイスの横の削除ボタン () をクリックします。

指示通りに、×印を押してみます。

ICloud iPhoneを探す 01 0723 18 09

ポップアップがでてきました。

iCloud---iPhoneを探す%-01-0721-10-12
そして、「すべてのデバイス」から、iPhoneが消えました……。

ICloud iPhoneを探す

デバイスが再びオンラインにすると、「iPhoneを探す」にiPhoneが再表示されました。

fdd0208952075eb927d607a15ed2345e2-2

デバイスの「iPhone を探す」をオフにします (「iPhone を探す」をオフにしてデバイスを削除する上記の手順に従ってください)。もう所有していない iOS デバイスの場合は、以下の手順で、所有していない iOS デバイスを削除してください。

iPhoneを探すを“オフ”にはできなかった……。

ここから先は、どうどう巡りです……。オフにできませんでした。「「iPhone を探す」をオフにしてデバイスを削除する上記の手順に従ってください」という部分も謎……。このレポートは、次回に続きます。