iPhone5 エクスプレス交換サービス クレジットカード高額請求の怖い体験

17,413ビュー

iPhone5 エクスプレス交換サービスを利用して、修理端末と新端末を交換し、問題なく修理は完了した……。と思っていたら、8万4024円を請求されていたという話。

クレジットカード請求8万4024円

異様に減っていた利用可能枠

拙文「ふだん使いのiPhone5がリコール対象だった!! (その2)」では、次の言葉で終えました。

Appleテクニカルサポートに、進捗状況を確認したところ「修理完了」で、追加の請求もありませんでした。よかった〜。

実は、これで終わりではありませんでした。クレジットカードの利用可能枠が、“異様”に減っていたのです……。この原因が、エクスプレス交換サービスによるものと突き止めるのに、半日分の貴重な時間を費やしてしまいした……。

いったん高額請求をするエクスプレス交換サービスの仕組み

ユーザーがエクスプレス交換サービスを利用した時点で、Appleはクレジットカート会社へ端末代金相当の与信枠を確保します。修理端末が原形を留めないほどボロボロだったり、修理端末の回収を拒否された場合に、「購入」として扱うためです。したがって、クレジットカードに8万円以上の利用可能枠がないと、エクスプレス交換サービスを利用できません。(与信枠は、各端末によって違います。)

修理完了で、正式な金額が確定する

もし、追加請求なく修理完了すると、クレジットカードへ請求されていた端末代金相当の金額はキャンセルされます。正式な修理代金が請求されます。

Appleが請求キャンセルしても即時で反映されない?

クレジットカード会社側のシステムでは、即時で請求金額の「履歴」(?)が消えないこともあります。たとえば「確定していない利用分」として一定期間、履歴に残ることがあります。クレジットカード会社によってはお店の特定ができないので、Appleの請求と特定できません。この数字は、利用可能残高を逼迫する可能性があります。最悪の場合、一時的にクレジットカードが利用できなくなることも。

「幻の請求」を特定する3つの目安

キャッシュ クレジットカードの請求内訳から、エクスプレス交換サービス利用による「幻の請求」を特定しなくてはならない場合もあるでしょう。クレジットカード会社とアップルテクニカルサポートの相互に、次を確認します。

  1. 請求日が修理受付の日と同じ
  2. Appleで請求された金額と下一桁に至るまで同じ
  3. 一回分の購入となっている

エクスプレス交換サービスは注意必要

以上の3つを満たしていれば、エクスプレス交換サービスによる請求金額と考えられます。いずれ正式な金額に修正されるでしょう。エクスプレス交換サービスご利用される際は、請求金額の推移にご注意くださいませ。

付記

ふだん使いのiPhone5がリコール対象だった!! (その1) ふだん使いのiPhone5がリコール対象だった!! (その2)