「進撃の巨人」はエヴァンゲリオンを超えただろうか?

59ビュー

進撃の巨人 25話 Part 1Shingeki no Kyojin Episode 25 Part 1

アニメーション『進撃の巨人』の最終回を観た。
この物語において、アニ・レオンハートが「巨人」である必要はあったのだろうか?「女型の巨人」(アニ・レオンハート)が登場したおかげで、他の巨人たちの存在がとても弱々しく、脅威も薄れ、不気味感すら薄れてしまった。「女型の巨人」が登場する以前の巨人たちの存在感は、不気味で、不快で、異常で、狂っていて、そしてとても魅力的だった。
「女型の巨人」登場以降、調査兵団がバタバタと倒してゆく巨人たちを観ていると、この巨人たちは人類にとって、本当に脅威なのだろうかと思えてしまう。
物語において、「女型の巨人」は巨人の“象徴”のように描かれるようになる。「女型の巨人」を倒せば、人類は巨人に“初”勝利した、かのような展開である。
「女型の巨人」は、知性があるようであり、とても人間的だ。したがって、不気味でも、不快でも、異常でも、狂ってもいなそうである。
『進撃の巨人』の世界では、カフカの「変身」のように、理由も原因も見つけられず意味の無い生と死(=この現実世界)が描かれていたわけではなかった。この物語において、謎には答えがあり、原因には理由が用意されているかのようだ。
コミュニケーション不可能な巨人に対する人類という、ただこれだけの構図だったなら面白かっただろう。人類の誕生が不明なように、巨人がどのように誕生したのかは、必ずしも説明は必要はないだろう。むしろ、その方がリアルであっただろう。この点で、『進撃の巨人』で描かれた巨人は、ひとつ世代前のアニメーション『エヴァンゲリオン』の「使徒」の描かれ方よりも説明的だったような気がする。
巨人化したエレン・イェーガーと女型の巨人の闘いは、痴話げんかのようだった。ウルトラマンと怪獣の闘いのようで凡庸だった。もっと、理由や意味のない生と死、原因も理由もない不幸、報われない努力…など、この現実そのものの不条理を、描ける可能性があったのだと思う。そうすれば、もっと広大なこの現実を転写することができただろう。そして、『エヴァンゲリオン』を超えることもできただろう。